更年期とは

年をとると「更年期」や「更年期障害」などの言葉を聞いたことがあります。
そこで更年期とはなんなのか、そしてどういう症状がでるのかということをここでは書いていきたいと思います。

・更年期とは?
女性は卵巣の機能が弱り始め、女性ホルモンが減少する閉経前後5年くらいのことをいいます。女性の更年期は45歳ぐらいです。個人差はありますが閉経年齢で多いのが50歳だと言われています。
30歳ぐらいから少しづつ衰え始める卵巣の働き。そして卵巣の機能が完全に止まってしまうと「閉経」を迎えます。
この卵巣機能が終わっていく過程を更年期といい、女性にとっては何も異常なことではありません。

・症状
更年期症状にも個人差はあります。日常生活に支障がないぐらいの症状の人もいれば、症状が負担になる人もいます。
一般的には顔がほてったり、大量の汗がでるようになったり、イライラ、うつ、食欲不振になったりします。
このような症状がでたら一度病院に診てもらったほうがいいでしょう。

・治療方法
治療方法の1つにプラセンタ注射というものがあります。基本的に医療機関で受けられます。
全国どこの医療機関にいってもさほど変わりはないです。
ですが、その医療機関での通院のしやすさ、医師とは相性が合うかなども治療を続けていくうえで大切なポイントになっていきます。
自分が通うと考えてる医療機関を事前にチェクしておくことが重要です。

イチ押しリンク